Img_807a8aa82bedcceaf26814f00ff308d7
Img_2efc4253a225069c34cf8cc8f058c5c8
まだ仕入れは始まったばかりで、今日は電車に乗ってイギリス南部に行きました。日本を出発する時が朝の4時起きで、その日はエコノミーの狭い席でほぼ半日座りっぱなしのフライト。イギリスに着いた翌日は2時半に起きて、タクシーで郊外からロンドン中心部の駅に行き、田舎に仕入れに出掛けました。午後3時頃に荷物を沢山持ってロンドンに戻って来る頃には体はフラフラ、頭はボーっとしていて、肩から荷物を幾つも斜め掛けにしながら、両手にも手提げを幾つか持って地下鉄に乗り込んだのです。電車は3時半頃なのに既に混んでいてほぼ満員。荷物を沢山持った僕が乗り込むと何と不思議なことにドア付近の両側の席に座っていた人が二人、サッと立ち上がって僕に席を譲ってくれたのです。僕はまだお年寄りでもないし、妊婦でもない、、ただとても疲れていたのでお礼を言いながら座席に体を落とすように座ってから自分の右手にある物を今更ながら認識したのです。そう、僕の右手に今朝仕入れたばかりのアンティークの杖があったのを思い出し、なるほど。杖を持って電車に乗り込んだものだから、体が不自由な人に間違えられたのですね。確かにロンドンの地下鉄には、歩行が困難な人に席を譲りましょう、と書かれてあります。何故自分に席を譲ってくれたのかを半歩遅れで了解すると、じわっと後ろめたい気分が湧いてきながらも、体はとても疲労していて今更立つ気にはなれず、杖の握り手に付いている値札を何となく掌の中に手繰り寄せて隠し、それが今買ったばかりの仕入れのための杖であることを気付かれないようにしたのです。後ろめたさからくる自意識の過剰ですね。下車するまでの6、7分の間、杖に何となく体重を掛けたりして、杖が僕に必要な道具であるかのようにさり気なく、いや、ワザとらしく振る舞ったのです。体は休まりながらも、終始後ろめたく、何時もよりも一駅を過ぎる時間が長く感じられました。
席を譲ってくれた方、ごめんなさい。
さて、仕入れの旅は始まったばかり。焦らずマイペースを貫きたいと思います。
お元気で。