Img_1e8490b69d972687f8a30ca1aae2078d
12/13(水)〜12/30(土)の間、岐阜市のステンポルト(STENPORT)さんでフェルメールのアンティークを展示販売させて頂きます。今回は「ハイクオリティで可愛い物」がテーマです。可愛いけれど高品質な小さい物を中心にして、それにちょっと変わった物を取り混ぜて展示させて頂きます。アクセサリー、陶磁器、シルバーのカトラリー、グラス、箱などを中心にちょっと変わった美しい物を選んで並べます。12/13(水)〜15日(金)の三日間はステンポルトさんに居ますので、フェルメールはお休みさせて頂きます。申し訳ありません。フェルメールの展示販売の詳細はSTENPORTさんのホームページでご確認下さい。
月末に帰国して時差ボケが取れる間もなく、先週は用事で東京に行き合間を縫って泉屋博古館に明末清初の水墨画を観てきました。とても素晴らしかったのですが、その中でも石濤の作品が群を抜いていて、彼の大作の前に立ったその瞬間に上半身が鳥肌立ち動けなくなりました。久し振りですね、絵画を観て動けなくなる程の強い感動に襲われたのは。フェルメールの作品でアムステルダムの国立美術館にあるミルクメイドを描いた代表作を最初に眼にした時を、あれは25年も前のことですが、思い出しました。その位の時間を軽く飛び超えてしまうような強い感動でしたね。石濤は1642年生まれで、フェルメールの10年後、ほぼ同時代を生きていますこの二人の天才は。この石濤の水墨画の大作とフェルメールのデルフトの眺望(デン・ハーグにあるあの有名なやつですね)を同時にもし観ることが出来たらどんな感興を覚えるだろうか、と石濤を観ながらふと思ったりしました。
それにしても泉屋博古館の展覧会は通好みのするようなとても渋いもので、国宝、国宝、と軽薄に人を煽る昨今の(国立)美術館の薄っぺらな企画に辟易していた自分にはとても嬉しい内容でした。
企画された美術館の方、そしてイギリスに居る私にわざわざメールで教えてくれたSさん、本当に有難うございました。とても感謝しております。