Img_df695977a0de354c135c6606407af54a
Img_efeb0821eec8c31389048f09bc5fa9ef
Img_e5a97a8f8373ab0a7daeeb35dfef30fa
オランダ、ゼニス(Zenith)社の磁器製パイプを去年の暮れにオランダで仕入れました。現存するパイプメーカーでは世界最古で創業1749年(この頃はまだ木のパイプは存在していませんでした)、パイプ内部に空洞があり、煙が口に運ばれて来る前にそこで対流するように作られています。新品のときは写真にあるように真っ白ですが、吸い込んでいくと渋い茶色へと変化していきます。中々良いパイプです。私も長年愛用しています。普通の木のパイプと使用する上での違いは一つ、パイプ・ボール(タバコを入れる部分)の穴が真下にあると言うこと。これも直ぐになれて来ます。手入れは至って簡単、ブレークインも必要なしで、水洗いもオッケーです。ご興味おありの方はご来店、もしくはお電話下さい。
まだ痛風で唸っておりますが、私の場合左の足首に発症することが多いです。これには多分理由があり、二十歳の頃バイク事故で左足を痛めてから左足首が弱いんですね。痛風は弱い部分に出るらしいです。
今から三十年ほど前、アイルランドのダブリンに住んでおりました。気候が寒いせいか、事故で痛めた左足首が何時も硬くて歩き難かったのです。当時のガールフレンドがダブリン郊外の教会にどんな病気でも手をかざして治す、ジョージという男が居ると何処からか聞きつけて来ました。ある日二人でその小さな教会を訪ねると、ジャージを着たがたいの良い40後半くらいの男がいました。既にたくさんの人が彼の治療を受けるために教会の椅子に座って待っており、彼の側ではシスターが助手として待機しています。時折、彼を崇めるような感じの合唱のようなものが聞こえて来て、誰かが彼の名前をゆっくりと連呼しています。彼は手をかざすだけで癌も治すと言う噂で、空手か柔道が十段と言う話しでした。僕の彼女は大学の研究者で至って理性派、僕を連れて行ったのにそんな諸々の噂はどれも信じておらず、いよいよ僕たちの番が来て、座って待っていたところから少しだけ歩いて彼の前に二人揃って着席したのです。最初に彼は僕を見ると一言、君は左足を事故で痛めてるね。僕の当時の歩きかたは今と左程は変わりません。先ずこの一言、彼の観察力にびっくり。彼女は彼がイカサマであることを証明するために彼のする質問にわざと嘘をついてみたりして、僕の横で彼の「奇跡」の力の真偽を暴こうとしていました。彼は僕の前に座り確か左手をそっと、本当にそっとぼくの左膝に置くと、(怪我に関係のない)幾つか取り留めもない質問を僕にしました。その時間一、二分だったでしょうか。僕は何時になったら患部に触ってくれるのだろうかと思いながら彼と話していました。そして彼は私にこう言ったのです、はいもう(治療は)終わったよ、と。そしてその席を立ち歩くと何とも左足の軽いこと。それは丸で事故に遭う前のようで、歩くときの足首の柔軟さは長い間感じたことのないものでした。その効果は一ヶ月かそれ以上もちました。その後左足首はまた同じ状態に戻ったのですが、それは何とも不思議な体験でした。ジョージ。忘れられない名前です。