Img_73983666eb1dd43dd68572408c09abb0
Img_95308738888f93fbe12671d608815217
Img_d25028b413031e8c22b1d1bdff9aaa4e
先週末は一泊でエジンバラに行きました。友人の家に夕食に招かれていたのですが、少し早くエジンバラに着いてしまい、途中たまたま見つけたカフェに入りました。'Artisan Roast' と言う名前の小さな店。店の前の手摺りにもたれ掛かり立ってコーヒーを飲んでいる人が居たり、外から覗く何処か自由な雰囲気に惹かれたのでしょうか。中に入ると結構混んでいて椅子は空いてません。30代くらいのスマートな感じの中にも何処か気さくさのある男性が二人でやっている店。奥にも部屋があるようで、僕は指差しながら、そこでも飲めるのかと訊くと、勿論ですよどうぞどうぞ、と言われ奥の部屋に。昔アイルランドのダブリンに住んでいた頃によく行ったような空気感漂う空間がそこにはあり、二十代後半のあの頃の自分が急にふつふつと蘇ってきて不思議な気分。三十年近く経っていても懐かしさという感情はいとも簡単に甦るんですね、自分が歳をとっているのも忘れるほどに。
オシャレな空間のようでいて、何処となく手を抜いていて投げやりのようにも見え、速く飲むもの飲ませてお客を追い出し効率よく儲けよう、と言うのとはほど遠いマッタリ落ち着く感じ。周りにいる人が貰ったプレゼントを眼の前で開けて抱擁したり喜ぶのを自分はぼーっと眺めたり、自分のいる奥の部屋から通路越しに見える手前の人たちの笑う話す動く姿を逆光気味に眺めコーヒーを飲む。
最近のロンドンやアムステルダムには消えてしまったこのような空間。人が集まり楽しむために楽しむ場所、ポエティックと言えばまさにそのような空間。物思いに耽るにはこの上なくいい場所。お金は無くても詩心を何処かに抱えた人が集まる店。
帰りに店員の男性がポイントカードをくれました。9杯飲んだら10杯目はただ、と言うやつを。友人の家に行きこのカフェの話をすると、あそこは物書きとかちょっと変わった人が集まる店なんですよ、とのこと。道理で私は惹かれたわけですね。貰ったポイントカードを使えるくらいそこに通える日々がそう遠くない将来訪れたらいいな、と思っています。
この記事を今ロンドンのチェーン店カフェ、プレタ・マンジェで書いております。写真は左と真ん中はロンドンのリバプール・ストリート駅近郊、右はエジンバラの眺めです。