Img_089268cf246130fdbf2852deb381f066
Img_5713495db0ec1e8d47507674563024ff
Img_22850b776db2719564539ac59bdbffaf
週末にイギリス南西部のコーンウォール地方を車で周りながら仕入れて来ました。田舎のアンティーク市に行ったのですがまあ当たりもあればハズレもあるわけで、ぼちぼちでしたが中々良いドローイングを数枚手に入れることが出来ました。左と真ん中の写真ですが、大きさは大体30cm✖️20cmくらいの物。18世紀末生まれでオックスフォード大学を出た後にコーンウォール地方でイギリス国教会の教区主管者代理をしていた人が描いた物です。中々の絵でとても気に入り買って来ました。久し振りにいい絵を買いました。18、19世紀の有名な風景画家の素描と較べても大きな見劣りはしないと思います。ヴィクトリア時代初期はこのようにアッパーミドルクラスくらいの人で医師や弁護士など他の仕事をしながら水彩画などを余技と言うか趣味で描き続けた人が少なからずいるようです。僕は中国や日本の南画に通じるものをこのような人が描く水彩や素描に何処となく感じ始めています。売るための絵ではなく、当時の知識階級の人たちが自分の為に描き続けたもの、職業画家とは一線を画したところで描かれたもの。産業革命最盛期にそこに背を向けて湖水地方などの風景、自然の美に趣く人たち。恐らく彼らはラスキンやコールリッジの思想からも影響を受けていたはずです。そんな人たちが描いたものが欲しいなと思っていたところ偶然コーンウォールの田舎にあった訳です。これからもこのような絵を色んなところに出向いて探して行きたいと思います。
右の写真はロンドンへ帰る電車に乗るときに撮ったものです。