Img_36529573ddb7b4af263d6e31857e4c1c
Img_7805fc495f6e26fbe093c199b61d4c7c
Img_468a5a442131f30b23bf560cb85d067d
このページで何度か話しをしている彫刻家、篠田守男さんの作品です。およそ15センチ四方の大きさです。彼は 'Tension and Compression ' と言う概念で半世紀以上の間吊る彫刻を作り続けていて、彼の作品は世界中の美術館に収蔵されています。恐らく吊る彫刻を作り続けているのは世界で彼だけでしょう。人間もユニークなら作品も独特で、何処で何処から見ても、あっ篠田さんの作品だ、と分かります。フェルメールで彼の作品を販売用に一点だけ置いてあります。この写真の作品は売れてしまったので近日中にまた別の作品が送られて来る予定です。
今日はこれと言って書きたいことが思い浮かびません。篠田さんと先日ある骨董屋に行き茶室でお茶を頂いたのですが、そのことはとても面白かったのですが今日は気がのらないのでまた別の機会に書きます。今朝近くの古本屋で本を三冊買いました。英語の辞書を二冊と伝記、英語の辞書は全部で三十冊近く持っているかもしれませんが、変わったので使えそうなのがあると買い足します。例えば英英辞典なんかも僕には Oxford よりも Penguin のほうが使いやすいですし、英和辞典も読む本の種類によって使い分けたりもすれば、調べた英単語の訳語がどうもピンと来ないときは色んな辞書にあたるので、良い辞書であればやはり色々と揃っているほうがいいのです。今日買った英和辞典は学研から十年前にでた 'Anchor Cosmica' というやつ。どうも 'Anchor' の上級者版らしいです。どんなに良い辞書でも万能ということはなくて何処かが弱かったり足りなかったりするのでそれを補足する他の辞書が要るのです。それから伝記は武林無想庵についてのもの、明治の色んな本を読んでいると必ずに出て来る人なので随分前からその名は気になっていました。著者は山本夏彦さんです。
僕もたまに仕方なくネットで本を買いますが、やはり本屋で見て買う、偶然の巡り合わせで見つける、のが楽しいですね。ネットで買った本は結局読まない手に取らない本が多いような気がします。場末の古本屋で百円で汚れた古本を買うような行為を詩人の西脇順三郎は「風流」と言いました。僕のとても好きな彼独特の風流の定義ですね。