Img_a28bbe2aec1862b775a0b90fa515db2e
Img_68aa9a5eef2e89416c1e70b3a7f0c420
先日(4/9)、57歳になりました。ギャラリー・トネリコの細川さんと活版印刷のユートピアノの松永さんがケーキを持って来てくれて誕生日を祝ってくれました。ありがとうございます。とても嬉しかったです。56も57もそう変わりはしませんが、あと三年で60かと思うと、そんな歳になったんだなと不思議な気持ちです。明治時代ならばもうとっくに人生が終わっていても不思議でない年齢ですね。この仕事、アンティークの世界は60くらいでやっと一人前のディーラーの風格が出て来ます。貫禄と言ってもいいかもしれません、その世界で長年やって来た者が持つ味わいのようなものが滲み出てくる年齢。その始まりが60辺りなのでしょう。ものを見る眼だけでなく、人間としての幅、深み、包容の力、そんなものが揃ってくるのでしょうか。
でも最近辺りを見回してもそんな味のある大人が何処にいるでしょうか。殆ど皆無。テレビで頭を下げる不祥事時の企業トップ、政治家、有名文化人など、申し訳ないがお顔に品が無い。まあなんと言いますか、狭い枠の中で権力におもねりながら動いている人の顔です。または権力を持ちながらもその行使の意味については考察などしたことの無い顔。若い人たちには周りの年上を見回しても最早反面教師しかいない訳で、あぁ、あんな顔にだけはなりたくないな、と思っていればいい訳です。
好きな顔は誰の顔ですか、ともし訊かれたら、思い浮かぶ顔の一つは間違いなく晩年のトルストイの顔です。最晩年に家出をして駅舎で死んだトルストイ、彼は貴族という自分の出自と真っ向から対峙して悩んだ偉大な作家です。
最近みなさんマスクして歩くのでお顔の半分は見えませんが、やはり顔は大事で、嘘偽ることの出来ない正直なものだと思いますし、その点恐いものでもあります。
お若い方たちは周りの冴えない顔の「大人」たちに影響を受けることなく、それらを軽やかに避けながらいい顔になっていって下さい。金より顔ですよ人間は。