Img_95ce8f0a40e10b6bfb2acc4117d96834
8/26(月)〜8/30(金)の間お休みします。九州に帰省して親孝行して来ます。母も80代半ばなので、日頃行けない買い物に連れて行ったりお墓参りに行ったりして過ごす感じですね。田舎の高校も卒業して約40年経ってるので別に会う人もほとんどいませんし、まあ浦島太郎のようなものですね。九州もそんなに好きでもないし、何かにつけて「九州、九州」と郷土愛のように言う人がいますがあれも気持ち悪いですよね。ただ自分の気質を考えると矢張り九州の産であることは否めないかな、と思います。性格は結構ハッキリしてますし、お節介でもあります。嫌いなものは嫌いですし、口が悪いです。だからよく誤解も受けますし人も傷付けます。でも、しょうがないですよ、あまり嘘つくと身体に悪いですし、顔も歪んできます。よく人が、あのお店とっても好きでよく行くんですよ、、なんて言われたときでも、僕は、あそこね実はOXOXOXOXなんですよ、なんてガッカリさせることを言ったりもします。何時もじゃないですよ、でもそれはその人に別の視点を提供したいから言ってる訳で、まあ僕としては親切のつもりなんですけどね。
今の日本人は人を傷付けることに臆病になりすぎです、それは時として誠実さを欠くことにもなりますし、複数の人間が交わればなんらかの摩擦はそれはたまにはありますよ。故意に人を傷付けるのは良くないですが、意見や価値観の相違から来る場合はある程度はしょうがないと思います。
日本人はもっと自分の言葉でしっかりと話せ語れる人が増えない限り、この国には未来が無いと思います。自分自身の価値観、好き嫌い、責任ある言葉の使い方、そんなものが綺麗に透けて見えてくるような話し方。大切だと思いますよそういうのが。しっかりと話せることは学校でも学べないし誰も教えてはくれませんから独学です。ただ、既存の権威や権力、またはそういうものを振りかざしている人を疑ってみるのは一つのスタートになるかとは思います。先ずは身の回りにある言葉を疑っていく、みんながよく拠りどころにする言葉ほど実は怪しいですからね。
本当にこの10年でも随分と言葉が壊れてしまったと思いますし、この空疎化が今後も更に進むことを考えると空恐ろしいです。
(写真は能登島の北東部にある、そわじ海岸です)