Img_b11e40d6af40ed7966424e6561523595
Img_f0577c498977ed8a0308d5bf0bd0f829
Img_3117fc7bc42532f496578066bc12c9db
1920~40年頃のイギリスの銀巻きのパイプ(長さ13,3センチ、高さ3,8センチ)です。ブランド名は無いので無名のパイプですが、この時代は無名でもクオリティの高いパイプが沢山あります。良いパイプを作る小さな工房がまだまだ沢山あった時代です。'Sterling Silver' (銀製)と刻印されているのである一定以上のクオリティは保証されていますが、ブライヤーの木目の雰囲気を見れば良いパイプであることは分かります。もう一つこのパイプで珍しいのは、パイプが座ることです、つまりパイプの裏部分がフラットなのでテーブルに置いたときにごろごろしないということです。戦前の銀巻きで座るパイプは今は中々見かけません。珍しいです。このパイプのように作られてから100年近く経つもので、昔の人に吸い込まれたパイプは鼻をボール部分に近づけるとブライヤーに染み込んだ独特のいい匂いがしますし、同じたばこを詰めて吸っても一段と美味しいのは不思議です。僕のパイプの師匠で友人の、オランダのアムステルダムでパイプ博物館を営んでいるドン氏にもこのことを以前聞いてみたのですが、彼のような世界的パイプ研究家でも、分からないと言っておりました。熟練のスモーカーによって長年に渡り丁寧に吸い込まれたパイプはパイプが「育って」いるとでも言いましょうか、とても美味しいのです。その風合いは10年、20年で付くものではなく幾つかの世代をまたいで育てられていくのです。百年ほど前にイギリスの何処かで紳士があれこれと想いを巡らせながら手にして吸っていたその同じパイプを、今自分がその同じものを手にしてまたあれこれと考えることで、昔の人とパイプを介して繋がるというのも不思議な気分です。そして何時の日か自分が死んだ後も別の誰かが、やはりこのパイプを燻(くゆ)らしあれこれと想いを馳せて・・。何か不思議です。
Img_14a2cdb522ae518c1e3e89767622d325
Img_dc6b6b1d8a1ab9753c81994583ffe0f2
Img_552cbe06a3f1f172dc55011ffed8c2da
久しぶりのこのページの書き込みです。今年の春の仕入れで手に入れたもの。珍しいですね、見たことないです。シルバーのホールマークが入っていて(中央の写真)、1908年のバーミングハムのものです。シルバーのタンパー(ボールの中のタバコを押さえたりする道具)は今までにも何度か扱ってますが何れももっと薄い作りなので、力を入れて扱うことが出来難いものだったのですが、これはシルバーに厚みがあり普通に力を入れて使えます。棒の部分の先がどれも細いのでボールの細いパイプ向きかもしれません。
最近全然パイプの紹介をしていなかったのでこれから何本か紹介していきながら、パイプについて語りたいと思います。吸われない人にとってはたばこ(シガレット)もパイプも同じようなものに見えるかもしれませんが、全くの別物です。一言で言えばパイプは楽器のようなもので上手く使いこなすには何年も掛かりますし、どんなに上手く吸えるようになっても行き着くところはなく、死ぬまで修行、言わば『パイプ道』、そんな世界です。ぼくも26年ほど吸っていますがまだまだ先があります。そんな不思議で奥深い世界です。ご興味ある方は是非ご来店下さい。もちろん初心者用のパイプもあります。
Img_2de9d03c80ff55ddafd25cb01e3b1e7f
Img_69266587e0049adca5ddcbda5639f1f5
Img_6962f80e80d659f51e386b93b2435b22
穴開き真ちゅう製タンパー、時代は恐らく19世紀中頃から後半にかけて。高さ60ミリ、タバコを抑える部分の口径は12〜13ミリ。古いせいか手に持つ部分や全体のエッジが薄くて繊細で、持った感じも程よく重く、タバコを抑える部分の口径も大きからず小さ過ぎずでちょうど良いです。言い忘れました、イギリス製です。上部に穴が開いているというのはいいかもしれません。タンパーは机の上やらどこやらに置くと、案外置きっぱなしになりいざという時に見つかりません。パイプを吸う時は紐で首からぶら下げておくのも良いかもしれないし、ちょっとしたアクセサリーにもなるでしょうか。タンパーは安物でも十分用を足すのですが、やはり良い物を使うと気分が違います。このタンパーもちろん立ちますので、飾りにもなりますよ。
Img_437af2499e18142de00a7f411116d326
Img_8599618ae107bdac3ae4b3adc114cb7d
Img_2f512a33b1e71a12a79aba13449a665c
久しぶりにパイプのページを更新します。BBB(スリー・ビー)のアンティークパイプ、銀卷きで、バーミングハム、1903年の刻印が押されています。パイプの長さは約15センチ、ボールの大きさも至って標準。何よりも珍しいのは、百年以上前のパイプなのに未使用であることです。110年前の未使用のパイプが見つかるのは最近では珍しいです。しかも、BBBです。一見するとさして良いブライアー(木)には見えないですが、昔のBBBはとても美味しいです。BBBはダンヒルよりも歴史のあるメーカー、この時代のBBBは何気なく見えても、本当に美味しいのです。パイプを吸わない人に、「美味しい」と言っても、ピンと来ないかもしれませんね。美味しいパイプとは、同じタバコを詰めて吸っても、口元に入って来るときの煙が柔らかく、吸う人にテクニックがあれば本当に穏やかにゆっくりとタバコを燃やし続けることが出来るということです。でも、いいパイプになればなるほど、パイプのほうが人を選びますし、下手が吸うとパイプが壊れていきます。パイプのレベルとスモーカーのレベルが見合っていないと、パイプは「本当の姿」を現しません。パイプ・スモーキングは本当に深い世界なのです。パイプの楽しさは十年単位でパイプ・スモーキングのテクニックとパイプのクオリティーをゆっくりと上げていくことにもあります。でも、もうここで終わり、というのがないんです。いつまでも「深化」は続きます。まさに、極め続けて極まるとこ無し、の世界なのです。ご興味ある方はお教え致します。始めるのに年齢、性別関係ありません。どれだけ好きになれるかだけです。ブレッソンが撮ったJ.P.サルトルがパイプを吸っている写真があります。まさに達人の域です。パイプが彼の体の一部となり、同化しているのが写真に良く現れています。パイプを吸う人のその構えで大体の実力が分かると言うものです。「構え」に出るんです。まあ簡単にいうと、パイプを持ったときに、どれだけ体から力や気取りみたいなものが抜けているか、ということです。パイプを吸うのが上手くなるに連れて、パイプ自体をある意味意識しなくなるのです。中島敦の小説の中に「名人」というのがありますね、その中で弓の達人が道を極めて、弓を見て人に「これは何だ」と訊ねる下りがあったと思います。そこまでではないにしても、同じ方向性の話なんです。
パイプを語ると止まりません。
もう止めます。
僕は本当に好きなんですパイプが。
Img_a91f0ed0193e59d79d9cd45e4a7493c2
Img_dfd02a40926d17ffc7bac6f1e5373ed7
Img_13de790f3db1a425a0595add68ed6748
パイプ・タンパーをもう一つ。19世紀イギリスのもので、真鍮製です(高さ7センチ)。タンパーとはパイプを吸うときに中のタバコを抑える道具なのですが、まあ半分は単なる趣味道具です。パイプの吸いやすさ、味には特に関係はありません。まあでも、一人でパイプを吸うときに、このようなものでパイプの中のタバコを抑えていると、一人密かな愉しさというものがあります。このタンパーの様に厚みのある金属で出来ていると、タバコを抑えるときに軽く指の力を抜くとタンパーがその重みでやさしくタバコを抑えてくれるという利点があります。これは使ってみて初めて分かる発見でしたが。
ここまで造形がしっかりして美しい色気があると、デスクや棚の上などに飾っていてもオブジェになりますよね。僕も写真を撮るときにファインダー越しにシャッターを押しながら密かにドキドキしました。あぁ、いけない、ヌード撮ってるよ・・って。
アンティークのタンパーは少しずつ買い揃えています。いつ売れるかもよく分かりませんが、いつか何処かの数寄者(?)現れるまで、地味に集めて行くのみです。